CRAZYっていい意味なんだよ

地元の進学高校中退→通信制高校テキサス大学三菱東京UFJ銀行虎ノ門支社→1年バックパッカー/ヒッチハイカー/地方移住→ベトナムベンチャー

 

Are You CRAZY?

 

nah, I'm not. but If I am crazy, then I guess crazy has only good meaning to me. 

 

 

「宗徳の人生って、クレイジーだよな」

 

って、言われることあるけど、

 

そうなのかな?って思う。

 

というか多分そうなんだとしたら、クレイジーっていいことなんじゃない?

 

って思う。

 

俺は今最高に自分の人生を楽しんでる。ずっと日本でもやもやしていた感情がすべて打ち消されて、毎朝起きるのが気持ち良い。出社するのが楽しみで、気付いたら寝る時間なのが憂鬱だ(もっと仕事してたいから)。

 

 

でもこの人生を勝ち取るのに、今まで半端なく悩んだし、多分これからも壁にぶち当たるし、

 

 

でも悩んだ時の答えは簡単で、

 

 

より"Crazy"な方、選んだ方が良いんじゃない?

 

 

人生の深みが出るし、面白いんじゃない?

 

 

なんて思いました。

 

 

ということで仕事に戻ります。笑

京南ハノイランドマークタワーから徒歩3分のサウナ付きローカルジムを月2,250円で契約してきた。

どうも、ムネです。ベトナムに移住して早2週間ちょっとが経ちました。

 

そろそろ生活にも慣れてきて余裕が出てきたので、空いてる時間に運動したいなぁと思い、先日オフィスから歩いて徒歩2-3分のMOFITというローカルなジムに行って、契約してきました。

 

f:id:munestml:20161010081925j:plain

 

 

外観もすごいお洒落で綺麗。

 

 

 

 

そして気になる設備は・・・

 

 

【シャワー4ブース、シャンプーボディーソープ付】

f:id:munestml:20161010081953j:plain

 

f:id:munestml:20161010081939j:plain

 

【サウナ】

f:id:munestml:20161009165546j:plain

 

見てお分かりになる通りごく普通のジム・・・どころか無料タオル、シャワー室4ブース、洗面所、トイレ・・・・そしてなんとサウナ付き!!!!笑 の、申し分ないローカルジムです。

 

器具も一通り揃っており、目的のベンチプレスは勿論、基本的なパワー系の器具やランニングマシンも全部揃ってます。

 

f:id:munestml:20161009165625j:plain

 

そしてなんと、会員登録後の入場方法は・・・指紋認証。(日本よりずっと進んどるやん。)

 

たまに自分が途上国にいるのかどうにか分からなくなるそんな不思議さを持ち合わせてるベトナムです。

 

実は僕のオフィスがある京南ハノイランドマークタワーにも、かなり良さげな

ジム(Fitness & SPA : Gym/Sauna - LANDMARK 72)があるのですが・・・お値段なんと2万円。orz 

 

大手企業駐在員レベルとかでないとちょっと厳しいですね・・・。

 

そこで今回僕が契約したジムなんですが、お値段なんと・・・

 

 

 

月2,250円。(4,500,000VND÷10か月)

 

 

Σ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ エェェ!?

 

 

はい、ベトナムよく意味がわからないです、たまに。

 

 

しかも、安い理由が秀逸で

 

「今はキャンペーン中で+3か月分が無料で付いてくるのと、今日契約してくれたら+1か月無料にしてあげるよ♪」と、マネージャーらしき男性。

 

 

そんなジムの押し売り聞いたことねーよwwwwwwwww

 

 

と思いながら、これが途上国あるあるか、すげーなと思い

 

 

 

速攻で契約決めました、はい。

 

 

 

ちなみに、今回はベースが半年契約だったのでこのお値段でしたが、1年契約だともっと安くなります。笑

 

 

 

 

結論:ベトナムのローカルジムのコスパ恐るべし!!!

 

 

最後に、ジムの内観を動画で撮ってみました♪

 

【ジム概要】

名前:MOFIT

営業時間:月〜日 6am-9pm

施設設備:無料タオル、シャワー(シャンプー・ボディーソープあり)、サウナ、ロッカー、ランニングマシン、各種トレーニングマシン完備

アクセス:京南タワーLandmark72より徒歩2分(添付のグーグルマップ参照。)

google mapでは名前を打っても出てきません。調べたところ英語でも日本語でも当該ジム情報はないので、外国人にとってはかなりの穴場スポットかもしれません。ピンで立てたところが正確な位置になるのですが、外観は青い装飾があるので周辺近くまでくれば案外わかりやすいです。

  

 それでは皆さん、Have a happy gym life!!! 

 

お酒と音楽は共通言語@ベトナムのクラブ Hero Barにて考察

 
xin chao
 
どうも、最近もう日本に帰る理由を失ってしまったムネです。
 
よく、なんで?と聞かれますが
 
1. 飯うまい

f:id:munestml:20161001163553j:plain

 
2. 物価激安い

75円の激ウマお菓子。

(下にアーモンド、上にヨーグルトのようなものが乗っかっている)

f:id:munestml:20161001163903j:plain

 
3. 僕の住んでるエリアが治安スーパーいい(下手したら日本より)

f:id:munestml:20161001164231j:plain

 

女の子が平気で夜の11時とか下手したら深夜とかにスマホ持ち歩いて、

散歩?とかしてます。

 

最初来る前は考えられなかった治安の良さ。

4. 美人ばっか

f:id:munestml:20161001171759j:plain

 

 
 
※本当は僕のオフィスの超絶美人達も紹介したかったけどさすがに勝手に写真載せられないので、あとはこれで我慢下さい。
 
この4つ揃ってたらあまりというか、日本に帰るメリットが考えても思いつきませんでした。ついこないだまで「amazon primeにはいってたらなんでも翌日手に入る」だったんですが、lazadaというサイトを知ってからは当日の夕方に配達が可能なことを知ってそれも無くなりました。
 
 
そんで今日の本題なんですが、僕が一つ自分から切り捨てられないのは「音楽」です。兎にも角にも音楽が大好きすぎて、ほぼ毎週クラブに行ってしまうのですが、やっぱり音楽ってすごい。みんなが笑顔になる。そしてやっぱりお酒もすごい。これも一瞬で他の人と仲良くなれる。(あくまで音楽が好きなので喧嘩も女の子が嫌がるようなナンパも大嫌いです。)
 
僕は海外のEDMフェスに行ってPLUR(Peace, Love, Unity, Respect)の精神を学んでから、音楽にどハマりしました。
 
 
 

f:id:munestml:20161001165142j:plain

f:id:munestml:20161001165144j:plain

f:id:munestml:20161001165153j:plain

f:id:munestml:20161001165204j:plain

f:id:munestml:20161001165215j:plain

人の笑顔が伝達する空間ほど素敵なものはない。こう思うからです。
 
フリーハグとか、ヒッチハイクしてる時に看板掲げてるのもそうですね。
 
んで、ベトナムに関して言えば当然かかる音楽のレベルはまだまだなんだけど、それでもやっぱそこの空間が好きで毎週行ってしまいます。
 
毎回行くたび思うんですが、
 
ベトナム人心広ぇ。
 
いやもうバカなんじゃないかと思うくらいめちゃめちゃ広いです。
 
なんか基本彼らってすごい純粋で、真面目で、壁も感じさせないからめちゃめちゃ話しかけやすくて、仲良くなりやすいんですよね。(お酒の場では。普段はシャイすぎて距離を詰めるのに一苦労。笑)
 
んで、仲良くなるととにかくなんか知らんけどめちゃめちゃお酒奢ってくれるんすよ。平均月収3万円の国の方達がですよ?
 
なんかもうよく意味わからんくて・・・
 
んで別に俺もそんなお金あるわけじゃないけど、親切にしてくれたらちゃんとリターンせな思って、google翻訳作って、何飲みたい??買ってくるよ!って言ったら「あ、いいよ俺は」ってジェスチャーされるし。
 
何でやねん!!!笑
 
仕方ないからビール買ってきてそれ一緒に飲んでみたいなw
 
とにかくこの国は最高ですよ。
 
そりゃあ日本でもあるかもしれない、最高に酔っ払って誰かよくわからない奴が乱入してきてウェーイって。
 
でもなんかベトナムってそれ日常茶飯事あるあるなんすよね、本当彼らの純真さ好き。
 
日に日にベトナムファンになっていく俺。
 
今日は5回、ベトナム語で道聞かれました。(オカシイダロ)
 
すぐ現地に馴染んじゃう僕ですが、一刻も早く言語を取得して、馴染むんじゃなくてもう溶け込みたいです。
 
それでは。Tam biet!
 

f:id:munestml:20161001171638j:plain

 

 
 
 

「can」を増やせば「will」が生まれる。

ベトナムに来る前リクルートの最年少部長(K部長)と面談をして頂いた機会があって、その時に仰っていた言葉がすごいしっくりきたので共有します。

 

自分はリクルートで10年やって初めてこういう事業をやりたい(起業)って思えた。

でも多分それって若いころの自分は「can」、つまり「自分ができること」が少なすぎて「将来やりたいこと」の「will」なんてものはすごい漠然でしかなかった。

今はその「can」が積みあがって初めて「will」ができた。だからわかいうちは、その「can」を増やす作業、これをしていったら「will」が生まれると思うよ。

 

 

めちゃめちゃしっくりきた。

 

もうずーーーーーーーーーーっと、具体的な話を考えた時に、将来自分が何をしたいのか悩んで悩んで悩んできた。でも出る答えは漠然な答えばかり。

 

でもそのはず、K部長が仰っていた言葉の通り、自分の「can」が少なすぎて、具体的な「will」なんて生まれるはずもない。

 

この話、誰かにも響けば嬉しいです。

 

 

僕はお金を稼ぐために生まれてきたわけじゃない、自分の人生を生きるために生まれてきた。

f:id:munestml:20160718193321j:plain

金融業は高級取り

「銀行辞めるなんて勿体なくない?給料も良かったでしょ?」

 

知り合ったばっかの人にはしょっちゅう言われる言葉、でも俺の生き方を間近でみてる人には一切言われない言葉。笑

 

確かに給料はよかった。2015年の日本人の平均年収が414万円、 男性の平均年収が511万円というこの事実を考えると確かに銀行員時代の年収は3年目の時点で既にほぼほぼ平均年収に近かったのは事実だ。

 

更にもっと言えば、ある程度の営業成績を叩き出していて上司や部店長からの評価も悪くなく、昇進試験に受かりさえすればあと4年で、一番最初につける役職に就くことができ、大台といわれる年収1,000万手前までいっていた。29歳でそのくらい稼いでいれば、ウハウハだろう。社会的地位やブランド力も悪くない。そういう女の人に興味があるかは置いといて、女の子を探すのにもあまり困らないだろう。

 

この事実を伝えれば、知れば、より一層、「勿体ない」という表現に繋がるだろうか?

 

「お金」という観点やはたまた「引退までの地位・名声・社会的ブランド力」で見れば明らかに勿体ないんだろう。

たった一度の人生、何の為に生きる?

でも、「人生」という観点でみたら?

 

その「お金」という対価を得る代わりに、自分が一切興味を持てなくてモヤモヤしていたり、先輩や上司の顔を一生伺いながら働いたり、プライベートがどれだけ充実していても、日曜の夜に憂鬱になり、月曜の朝に胃がキリキリしていたら?

 

はたまた、マイカー・マイホーム、それもかなりいい車や物件を手に入れて、綺麗な奥さんを捕まえて幸せな結婚生活を手に入れた・・・と思いきや、蓋を開けてみたら今の生活水準をキープするためや周りからの目や声もあることから、迂闊には転職できず、奥さんも子供ができてから、いや結婚し始めた時から変わって、今ではただの鬼嫁、常に頭にあるのは目標未達成の数字のみ。

 

唯一の心の救いは子供の笑顔。それも上司との飲みから帰ってきて深夜1時に拝める就寝前の30分だけ。

 

それだったら何のために生きてるかわからなくない?

 仕事もプライベートも充実させたい

僕は究極の理想主義だ。いつも、プライベートを充実させる方法だけは知っている。アメリカに留学しても宮崎にプチ移住しても、東京に戻ってきても。

 

でも俺は仕事も充実させたいんだ。別につらくたっていい。勤務時間が長くたっていい。でもプライベートで貸切キャンプを企画する時みたいに、ワクワクしたい。みんなが楽しんでる姿を見て鳥肌が立ちたい、心が震えたい。

 

こういう仕事ってないと思う? いやあるよ。本当に少数かもしれないけど、現に実践してる人を知ってるから。

 

仕事はつまらないもの?だるくて当たり前?つらくて当たり前?

 

そんな社会の雑音は聞き飽きた。仕事を辞めて、俺はこの1年間でいろんな人にあっていろんな人生を見てきた。東南アジアを旅して、ヒッチハイクして、野宿して、人の家に泊まって・・・

 

決して資本主義の最前線でバリバリ働いてた時には出会えなかった人にもたくさんあった。お金は全然ないけど、シェアハウス経営してて精神が豊かでめちゃめちゃキラキラしてる人、19で静岡から大阪に歩いて、日本で一番ホームレスが多いあいりん地区で1年ホームレスして、今は自分の夢を叫んで大阪の駅前で靴磨きを毎日しているオーラがはんぱないやつ、ケツバットで金稼ぎながら日本一周ヒッチハイクしてるやつ、とにかくいろんな人に出会って、人生の生き方は多様であり、自分の人生を充実させるコツは大手企業で部長になることではないと1000%確信した。

何が自分にとって一番大事なことか?その答えを見出すのが重要

しかし、ここで考えなければならないのは自分の価値観の重きがどこにあるかということである。

 

ある人は結婚、ある人はお金、ある人は安定 というように人それぞれ自分が一番欲しいものが心の声として存在する。僕にとっては間違いであるかのように感じるもののそれは人間である以上、自分のものさしで人を測ろうとしてしまうからであって実際にその人が幸せであればそれでいいのである。

 

そして俺にとっての幸せはなにか?という質問に対しては

 

自分のキャリアを通して、何かを成し遂げたい

 

ということである。

 

Not work career, but life career

僕はいつも「キャリア」という言葉を使う時に、work careerではなくlife careerで考えるようにしてる。

 

つまりは自分の仕事としてのキャリアではなく人生としてのキャリア。

 

それはつまりどういうことかというと、80歳、90歳、死を迎える前になって、もはやお金も肩書きも地位も何も関係がない年に、自分が何をやってきたか、孫に誇りを持ってストーリーとして伝えられるか。

 

である。

 

だから、今の僕はお金も結婚も安定もいらない。欲しいのは経験だけ。なにかやる時に決める判断基準は「自分の人生が面白くなるか」だけ。

 

だから全て捨てられる。背負える。

 

実は今回、途上国勤務×教育×ITで見事どストライクにはまった企業に応募して内定を頂いた。ただ当初の問題として、学生インターンしか募集していなかった。

それでもどうしてもやりたかった僕は月3万円のそのポジションに応募した。

いろいろ話を進めていくうちに、企業側が無理やり自分の為に枠を作ってくれて給与も提示してくれることになりましたが・・・

 

ということで、9月からベトナム行ってきます。

 

ずっと、自分の夢でした。

 

僕が高校時代に荒れて更生してから、NIC(留学斡旋機関)に入って猛勉強するようになって、少し経ってから社会学を勉強して。インドの人身売買を知って、フィリピンのゴミ山を知って、世界の貧困を知って、頭をガツーンとやられた感覚でした。

今まで生きてきた自分の世界が小さすぎて。自分の常識が通用しなさすぎて。

 

自分がたまたま日本に生まれたこの小さいけど大きすぎる幸運にただひたすら感謝をして、それと同時に、世の中のこの人達の為に何かをしたいという魚の骨のように喉にずっと引っかかっていて、それでも22歳のギラギラした若者には、不安もあり、また大企業の地位とお金を得てみたくて経験したけれども、2年半経験してみてやっぱりそれだけの為に亀のようにじっと耐える人生は僕には描けなかった。

 

1年間放浪してみて、自分の中ではやりきった感が徐々に出てきて、ベンチャーを中心に面接していく中で、彼らは少数でも本気で世界を獲りに行く気持ちで、そんな人たちと話してたらやっぱり心震えるし、熱量が一緒だし、もう一度「企業を通して大きなことをやっていきたい」という気持ちが芽生えてきて、そして今回6年越しの夢を叶えることができた。

 

転職仲介事業を趣味のようにやられてるエンジェル投資家の方にふとしたご縁でお会いすることができて、昔も今も社会の最前線でバリバリやられてた方なので言葉の重みが全然違うわけで、

 

そんな人に今回最初の方色々と悩んでいて転職活動中に言われたのは

 

「どこに入るとかどの業種だとかそういうのはあまり関係がない。大前提が間違っていて・・・君は今は何もない若者。だから次に大事なのは何かを成し遂げること。ついていく人は重要だけどね。」

 

というお言葉を頂戴しました。

 

だから今回、途上国で僕よりも恵まれない人の為にビジネスで貢献できる仕事をしてきます。9/12からベトナム行ってきます。どんなことをやるかは・・・実は今あるものを制作中なので乞うご期待。

 

とりあえず、アメリカ留学から帰ってきて3年半、皆さんのおかげで特にここ直近は、人生がやばいくらい充実してます。本当にありがとう。

 

人生を充実させるコツは、自分を愛して周りを愛することだと本気で思います。これを実践する為に少しだけ必要なのがお金だったり、安定だったり、こういった付加要素かな。

 

あと2ヶ月・・・!!悔いのないよういろんな意味で残りわずかな日本人生を真剣に生きていきますのでよろしく!!!!

 

f:id:munestml:20160718194143j:plain

 

 ムネ

 

友だち追加